カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月22日 (水)

台木による熟期の違い

 某品種を、ウッダ-ドとブルーシャワーに接いだ。

ウッダードが割と直立で、自根に近い熟期の様な気がしますが。

BSはほぼ2週~1か月も遅れ、しかも、開帳。

BSは本来、直立樹形なので一般的に、台木品種の

特徴を受け継ぐ。には、当てはまりません。

各一品種なので、偶然と言えるかもしれませんが、

データとして、傾向が確実になれば、名品種の

熟期コントロールが出来そうです。

 私の環境ですと、二系統の、オニールがありますが

一園が接ぎ木で、熟期が早く、三園が自根で一~二週遅れます。

効率を考えれば、同品種を一まとめにしたいのですが、

当地で、味の良い品種は、限られます。

少品種を、多数本、熟期をずらし、栽培する。

美味しい品種を、長期間収穫出来そうです。

2012年8月17日 (金)

庭のネットを撤去しました。

 毎日、天気予報に反して暑い暑いsun

庭のネットの、カロラインが、ドライベリーに

なったので、さすがにネットを除去しました。

ところが、なんと美味しい事かcoldsweats01

皮が硬いのだけど、味も香りも最高です。

適熟だと、酸味が若干勝る、いわゆる晩生品種

ですが、ここまで来ると、完璧ですね。


 後は、オザーク、こちらはまだ、普通にイケるけど

全部収穫、もともと酸味もあまりなく、甘いけど

カロラインに比べると、ちょっと刃が立たない。


 そして、ラビットでは、モンゴメリーが、ちょっと小粒だけど、

種皮気にならず、甘いhappy01

実際の大きさってどうかなぁ?鉢でいっぱい生らせたので、

何故か、この一鉢だけ、他より離れてるんだけど、

よく生った。とかく、実付きの悪い、ラビットやサザンの中で

この実付きは、うれしいなぁ。

 久々に、サカタのHP見てたら、ブルークリスプが

出てました。

Photo_2

こんな、果実のようですよ。

PVPではないので、PAT期限切れたのでしょうかね。

ウィトウも切れてるみたいです。

ハーモニーなんかも出てるけど、こちらは、しっかりPVP表示ありました。

ちょっと気になるんだけどgawk

2012年8月14日 (火)

新品種を

 ブルーベリー売った金で、また、新品種を

注文してしまったgood

大関のサザン系です。

さすがに、情報無いな。

最初にふぐを食べた人になる。

ガップトンって、カミールの兄弟品種らしいですね。

あちらは、パテント、こちらは・・・

ちょっと劣るのでしょうか?

レベルで無くて良かったかなぁgawk

レベルは、目一杯引っ張たらモサモサの

味になる。早採りの方がまだ良い位でした。

オニールほどの、味の品種、なかなか無いですね。

アパッチも、種の事が書いてないので

もしやと思ったら、種、多目らしいcoldsweats02です。

大きさより、ウォシュタだろうつう事で

取り合えず、一本づつ注文して見ました。

他は、デキシーブルーとか。

中粒とかありましたが、レガシーの中粒は

決して小さくない。

収量も良い口らしいので

甘さ、硬さとか、期待します。

その前に、ちゃんと育てなければι(´Д`υ)アセアセ

2012年8月12日 (日)

気が付けば

 毎日、アヘアへ、ヘロヘロの暑さですsun

昨日やっと、夕立thunderが来たrainと思ったら

今日は、地面が乾いていた。

それ程に、からから状態。

乾いた心heart03に潤いを(意味不明)


 気が付けば、すっかりブログの更新も

滞って居ました。まあ、暑さの中、格闘はしていますimpact

まづ、7・21(土)

カワサンの処で、BBKオフ

黒盆さん一家。居残りさん。座敷さん

残念ながら、sappiさんは忙しいらしく

不参加。

1207212

大雨に祟られました。

7/28はネギの植え替え。

この日は、猛暑クラクラ来ました。

120728

この列、250本、でリタイヤ。

8/4日は650本植えました。

しかし、このカラカラ天気で、葉も枯れ、

白くなって、それでも復活する、生命力。

とある、占い師が、人間こういうものを

食べないとダメなんだ。と言ってましたが。

元気になりそうですね。

時期に時期の、物を頂く。

旬のものが珍重されるのは、

理由が、あるのですね。

神様上手く創造したものだ。

 アッ。ラビット系は、まったく

手が付けられません。

もったいないな~。

ジャム用に、未熟でもいいから、採って

しまいましょう。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »