カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 防草シート | トップページ | 盗難その2 »

2013年4月21日 (日)

動き出しはバランバラン

 昨日今日と、寒の戻りで、展開した新芽が

黒ずんでいるものが・・

多分、晩霜が降りたんでしょう。

その割りに、花の被害は無いようで、

ヒヨの被害も、今年は、少ないです。

ヒヨの場合、花をやられても、しべまでは

やられないので、むしろ、むき出しになった雌しべは

受粉に都合良いのかも?適当すぎるか?

まあ、花はそんなことも見越して、多目に、残してますが。


 

 本題です。

アーリーブルー

130420

サザンより動きが早いです。

全体で三週程タイムラグがあるけど、

先に接いだ品種が、必ずしも早いわけでもなく。

でも、これくらい勢いがあると、大丈夫かな?

130420_2

一番に接いだ、サザンだけど、上の芽がやばそう

だめなら、下の芽も逝っちゃうんでしょうね。

130420_3

同じ品種の後発ですが、すでに失敗。

しかし、この時期、台木の芽かきが

また微妙、あまり、台芽に栄養取られるのも

どうかと思うし、失敗した時も、考慮して

一芽は、残して芽かきしてますけど。

今年は、何本残るのか?

不思議なもので、増やしたいのが駄目で

適当なのが残る、

こんなもんですよ。

適当に、めんどくせ~とか思いながら

楽しんでもいるので、いいのですがね。   

« 防草シート | トップページ | 盗難その2 »

接木」カテゴリの記事

コメント

>適当に、めんどくせ~とか思いながら・・・
都市伝説?そんな悟りを開いたかの様な心境にはなれず、後悔ばかりですよ(^_^;)
ところがどっこい、実際は適当にしたのが凄い生長見せるのが有るのが確か。
身に染みています

ぴんさん

取り付けば、集中。
そのときの、アルファー波が出てる時が
佳境です。
失敗と成功の分かれ目が良く分かりません。
多分、木の条理なんかが関係してくるのかと
思います、

良い接ぎ木ですよ。
失敗と成功は時の運なんて気楽に考えています。
でも今年は○○○青が2本成功しそうです。
○○ブル-は去年からやってますが、接ぎ木も挿し木も失敗。
逆にたやすく成功するパテントサザンも有るのですが、
増殖禁止だから成功確認したら廃棄です。
練習ですが活着良い品種もありますね。
何の為やっているのか、まさに遊びですね~

はっぱ さん

>失敗と成功は時の運
同感です。
ただ、スパとアーリーとチャンドラーは数を確保したい。

サザンって、以外に成功率高いかな?
私も、適当に育てて、適当に楽しんで、
枯らすのはもったいない品種。あるでしょ?
ふと、バックアップで、無難な接ぎ木にして
自根は畑で評価、なんて常道です。
基本自根、接いでまでも育てたい品種は接ぎ木です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086189/51323831

この記事へのトラックバック一覧です: 動き出しはバランバラン:

« 防草シート | トップページ | 盗難その2 »