カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

富士浅間(月形山)

 大晦日というのに、私、今年の納め登山に行きました。

この所、妙に惹かれる山、有名ではありませんが、

高くはありませんが、何となく里山ポイ感じがして、

危険も少なそうで、ほのぼのした感じ。

そんなイメージでした。

ところが、ギッチョンスイッチョン、その思いは

いとも容易く崩れ去るのでした。

P1010001_3

ラリルレルンルンで底瀬を登ると、見えてきました。

黒瀧山よりの周回コース、鷹ノ巣岩、熊倉とは違う

同名峰です。

P1010043
しばらく行くと、こんな立派な駐車場が、20台は楽勝ネ。

(向かいの岩峰もいいねぇ)

今日は熊谷NOが一台、僕みたいな物好きいるのね。

と思ったら、正月の帰省客の様だ。

だろうね、僕って、アホなおじさん?

わきの民家で婆ちゃんが日向ぼっこ。

「どこから来たん?」

「富岡、底瀬にゃ親戚も、同級生もいてね」

なんて、世間話を少し。

駐車場の脇は、九十九谷(つくもじゃないよ)

この谷も、周囲の岩とは違い、異次元空間の様なので

帰りに入ってみよう(のちに甘い考えと気付いたが)

今日の目的は、来た道700m位かな?下って、

おっと、ここも、九十九谷入口。

P1010004

民家の庭の様な、狭い道、散歩してる婆ちゃんに、

「月形山行きたいんだけど、ここでいいすか?」

「いいけど、登れんそうだよ。私ら若いころは

よく行ったけどな」

どういう事?徐々にわかるけど。

まあとにかく、歩き始める。

いきなり、綺麗な小滝が

P1010005
段々畑の脇をしばらく行くと、大きな堰堤。いや、タヌキ臭い~。

対岸には赤テープ、おや、向こうの尾根筋歩くのか?

いや、でも焼山峠沿いでしょ。

ちと違うぞ。と云う事で。

堰堤過ぎると、九十九谷の道標が、

しかし、細く荒れた道で野いばらがかぶさって

とても行く気にならないなぁ、

そんでここからだと、鷹ノ巣岩越えポイですぜ。

とっても勘弁。

暫く峠を行くと、丸木橋を左右に分ける

P1010025

更に峠を登る感じだが、先は道というよりただの沢

ここは、山に通じる道が表記されてないので、

昔の道(星尾や余地は馬道だが、登山道まで

峠とか名付けないで欲しいよ全く)だと思ってたので、橋を渡り右へ。

このトレーちょっと紛らわしい。

しかしとても馬引く道じゃなくなった。

考えてみりゃ、地図持って来無かった。

炭焼き窯の跡らしき、広い場所過ぎると

P1010023


3方向から沢が合わさる。どの方向にも赤テープ。

紛らわしいたってありゃしね。迷った時に戻る印なら

取っておけよって感じ、

ここは一番左に小ピークが見えるので

基本に忠実に左折。

P1010022
しかし、細い道、写真より急で、反対は谷、誰か滑ってます。

こんな道をつづら折りしていくと、結構広い道に出ました。

旧作業道でしょうか?

P1010007

暫く行くと左に植林地、右に雑木、そして、沢が並行する

尾根筋、しかし、踏み跡は微妙黄色い線。

ここは尾根筋を直登する。しかし急だわ。

45度はあるな。

何だか獣の足跡、


(夕飯の為中断、ちなみに、鮨とプレモルbeer

熊じゃない、鹿の様だ。

段々多くなる、甘納豆もごっぞり

いや糞です。

何だか、牛に引かれて善光寺参り。ならぬ

鹿に導かれ浅間参りって感じよ。

そして、急登で、参ったのは私。

P1010009

暫く、まーすぐな急登を、300m位登るのか

P1010008

見下ろせば、道無き道。

そして岩頭にぶつかる。

P1010010
ココも左右に道があるが、果たしてピークが見えない。

右は植林地で谷が落ち込む。左にテープ。

このテープが、のちの禍。

左にピークが見えるので、北面の雪の中を

トラバース数十メートル。

P1010011

振り返る。

どうやら、岩頭の上にピークがあるらしい。

高度計も忘れたので、後どれ程登るのかもわからない。

とにかく、雪と落ち葉の山肌を這うように登る。

上の方で、ピーピーという声。鹿じゃない?

人の気配に、警戒してるようだ。

鹿道すらない山で、いきなり両足滑る。ずるずる

滑って腕立て伏せ「止まらない」と

思った時、「チ~~ン」。

立木にまたがった格好で

イヤ~~ンエッチ~。冷や冷やものでした。

ここからは、北に観音岩、幕岩。東に鹿岳、妙義山が

違った表情で見えました、木々の間で、見通しは悪いが

P1010013


そして、何とか、尾根筋に出ると、何だー

良い道あるじゃん。塩沢ルートかね?

Photo_3

黄線に尾根(おねおねって、秀吉じゃあるまいし?)

が続いてるようです。南は雪も無く。
頂上まであとひと踏ん張り。

雪の中に、人の足跡。登る人いるのかね?

そしてそして・・・・・

P1010019
立派なお宮。でもさ。ただ登るのも大変なのに、どうやって

これ運んだの?898mの山、500m続いた急登

今までの山で一番きつかった。

イメージとしては、四俣山のまめがた経由。

あそこはほぼ全面ロープがあるけど。

ここは・・・かくして下りは・・・更に。

山は、高さじゃないね。軽く見てた付けだね。

その分、慎重に頂上まで来られて、

何とも言えないな。

何だかうれしかったなぁ。

ちょうど村のお昼の音楽が流れたけど

腹も減らないし、コーヒー一杯飲んで、

見晴らしも良くないので、すぐ降る。

南西と南東に、一段低いいい形のピークが

あるが、何となく南西へ赤テープに誘われた。

ただの尾根で、打ち捨てられた、TVのアンテナがあった。

戻って、岩頭あたりに出られそうなルートをたどるが急に下りで

道も消えた。

植林内は、凍結もなく、土は柔らかく足を取られる。

簡単にズズーと滑る、ポールで確保しながら

慎重に降る、

岩頭に出た。

P1010021

今度は左巻きで降る。登りは右巻きが正解で、

楽ではないがあれほどの苦労もなく登れただろう。

後は、急な下りをひたすら下る。

堰堤の所で、嫌なものを見た。行は気付かなかったが

グロにつ注意

P1010027

1m程のカモ鹿の骨だ。あばらも粉々、熊にやられたのか?

これが自然界だ。

そして、小滝の所まで下ると、また別のおばちゃんに出会う

まあ、65歳以上の人口58%だからしょうないわ。

「富士浅間行ってきたんかね?」

「はい」

「こないだも、3人入ったけど登れなかったって帰って来たわ

あんた若いから・・・昨日富岡のハンターが、オスのでかい鹿

ずって来たわ。去年は、ここまで来て、大根喰われるし」

もお、おばちゃん止まらないし・・・

暇つうか、何だか良く話す衆ですな(笑

10分くらい世間話して、戻る。

P1010036


P1010039

こんな石仏が、昔は厳しい自然、山間の過酷な労働

信仰だけが救い。ゆえに馬にも深い慈愛の心で

接していた。

駐車場まで来て、九十九谷入口で腰おろし、しばし

考えるが、くたびれたので帰ることにした。

天気も良くて、ちとヤバかったけど、

良い山行でした。

こんなことしてると、正月って気分になりませんなあ。

とりあえず、酔いお歳です。

Photo_6

今回のルートは、こんな感じでしょうか?










2013年12月24日 (火)

銀嶺(大上トレイル)

 この所、あまりのストレスで爆発しそうだ。

もう山でも行くしかないでしょ。

「母ちゃん山行ってくらぁ。」

「昨日雪降ったばかりなのに、そんなとこ行って

遭難でもすりゃ、いい迷惑だよ。」

「そりゃ承知の上さ。だから今回は廃道になった

峠道をトレッキングするんさ。」

朝日に輝く、銀領を目指し、熊倉へ向かう。

南牧に入ってもまだ雪は無い。

まあいいことだが。

1312221

先日登った四俣山。

更に進み、六車に来ると、雪の痕跡が

そして、高校生の頃は目に留まらなかった

(もっともあの頃は、夜バイクで這い上がるばっかで、景色なんか見えるはずもなかった。)

今日の目的地周辺の大岩、碧岩のツインピークが

しびれる~。

1312222
何だか、この間の小沢岳と言い、西上州のマッターホルン

とか、下仁田と南牧で

冠語の奪い合いしてるみたいだけど。

この山は、地元では、死者の霊は、まずこの山の山頂を目指し

昇る。それから天に昇る。

又、お盆には、この山に降り立ち、それぞれの

家に帰る。

いわば、天界に通じる霊山であるらしい。

神聖であり、また、この世に未練を残し、救われない

霊が、魑魅魍魎となり救いを求め蠢いている。

そんな山かも知れない。

だから、登るのはちょっと控えていたのだが。

 地形図を見ると、この山域は、名瀑三段の滝をはさんで

もう一つ、鷹ノ巣岩という岩峰がある、

ネットでも登る人はほとんど無い無名峰だが、今回は

その実態が、少し明らかに(爆笑)

 本題に戻り。今回入ろうとしたのが

赤線。実際入ったのが緑線です。

Photo_2

右の1022m峰障子岩(障子岩は、すぐ北の912m峰、どの地図でも

無名峰)とか、左の1104m峰がのこぎり岩というらしいですが

どの峰にも続くルートでは無いので、数十年前まで使われていた

峠道ではないかと思います。

しかし、ここまで来ると、道はアイスバーン

先客が一台。頂上では軽トラとすれ違うだけ。

そして、結局入口さえ見つからず、頂上で景色見て下って来た。

E3131222

荒船、立岩、毛無方面ですね。

E4131222

そして、先ほどの大岩碧岩。その右双子岩ククリ岩。

岩と紅葉と、青空も綺麗だが、雪と岩と青い空もまた素晴らしい。

いや、私は、登ろうと思わないのですが。

せっかくだから、三段の滝に寄る事にしました。

全面結氷すると見事なアイスフォール(カスケード?)になり

それは見事らしいので。

熊倉部落に戻ると、行には見えなかった、

これまた見事な滝が、熊倉不動の滝です。

E71312221
グリーンともブルーとも見える、清澄な水。

心も洗われたいですね。

その後、目的の滝へ。

E81312221
六〇mあるそうですが、どうも写真じゃ
高さとかわかりにくいです。

ここまで来ると、この滝の上を見届けたいという衝動が、

カミの声と衝動の狭間で、しばしの葛藤。

しかし結局登る。

13122210
残置ロープはあるが、足掛かりは少なく氷壁化している。

ここで先客の単独氏とすれ違う。本日、ここに入るのは

どうやら三人目らしい。

碧岩に行って来たらしい。危険なのはこの氷壁だけだそうだ。

いや、でも、私には随所危険でしょう。

それと、以前碧に行った時とルートが変わって

更に危険なルートになった気がする。と言ってました。
1312228

氷壁の脇、最上段の滝。

清水がとうとうと流れる姿も雄大でしょうが。

天女の衣の様に更々流れる姿も、優雅。

川床の石がチャートだったか赤い石や

緑の石など、名石の様な谷です。

 滝を登り、沢をしばらく詰めると、

大岩碧岩、双子岩の分岐につきました。

もともと、ピークハントが目的ではなっかたし

峻嶮にして険阻、険悪な断崖絶壁。

川幅2m、沢幅5m、鷹ノ巣岩と碧岩に

挟まれて、頂上の幅100mあるのか

と言う位。奈落の底にでもいるような

圧迫感を感じて、下りましたが。

滝のほとりの断崖、降りは下が良く見える。

やあっぱ怖いじゃん。

何だか、いろんな意味で痺れまくった日でした。

 滝の麓で、カップスターしょうゆ味とコーヒーで

温まる。実際体は汗ばむほど、空気は冷たいですが。

何だか、とってもうまかった。

でも、なんか落ち着かないのです。

この辺の山は、今までの山となんか違う。

ある人が、南牧の白眉なんて言ってたけど、

案内はあるけど、スーッと変なとこ通ってみたり

深い落ち葉で道が消えたり、霊山と云う事もあり

何だか、落ち着かないので、さっさと下りました。

それから、熊倉の集落をブラブラ。

高校の同級生の家は、あの辺だっけか?

なんて、しばしノスタルジーに浸る。

そして、鷹ノ巣岩の実態は

13122212

西側絶壁じゃん。登れないから、ガイドにも

ブログにもほとんど登場しない?
決して登っても面白くないとか、そんなレベルじゃ

無いのね。

2013年12月21日 (土)

超常現象(´ρ`)ぽか~ん

 

今日は、仕事半給で帰り、畑へ、

オニール植える処に硫黄粉蒔いて

ちょっと、畑の見回り。

あれ??

先週植えた、ちびハンナと、エチョータが、

変~~(・_・)エッ....?

131221

マルチが綺麗にまあるく(円く)のけられて

苗が丸出し、あら恥ずかしいイヤ~ンhappy02

131221_2

こりゃ、いったいなんだい??

ハクビシンなら、こんな器用な芸当は出来ない。

奴ら、牛刀で鶏の首落とすくらいの荒っぽさだ。

鳥が米糠ついばみに来た?

その割には、隣のアーリー列は何ともない。

不思議と、苗は無傷、動物なら苗などお構いないでしょうね。

もう、訳が分らない。何故、この5本だけ?



2013年12月18日 (水)

年の瀬ですね

 今日、仕事から帰ると、今年も居残りさんより

これが届いておりました。

131218_2

早速、チラ見。

来年は、良くも悪くもない感じですが

楽しみと、喜びが有りそうと云う事で

山と、音楽を楽しみ、

ブルーベリーはどっさり採れて
ウハウハだといいですねー。

さてさて、畑も、大掃除もどっさり残って

大変だぞ(つд⊂)エーン

皆さん。きっと、ボチボチやってるんでしょうね( ̄▽ ̄)

居残りさん。今年も、ありがとうございました。

2013年12月14日 (土)

接ぎアーリー

 今日は、空っ風が強くて、硫黄散布が大変でした。

それでも何とか、アーリー7

接ぎサンプソン(何故か、接いでたのね)1

1.5年生のハンナ3

ノースブルー1

エチョータ2

植えて来ました。

さて、この畑も、あと約30本で植え付け完了。

枯れなければね~(爆笑

きっとまだまだ、リプレイスとかあるだろう。


夕方、ねぎをコンテナ2個分掘って、

先週に続き、今日はトンスキにしようと

買い出しに行き、材料刻んで、風呂入り

後は、飲むだけじゃ~。

ちょっと待て肝心のねぎを刻んでないじゃないか

気付いて良かった。

物忘れが、激しくてやばいけど、たとえば

食べたものが何かより、食べたことを

忘れなければ良いらしい?

写真撮ってくるのも忘れた。やばい。

すっかりボケ老人(苦笑

2013年12月 8日 (日)

トレイルカメラ

 トレイルカメラ、又は、ハンティングカメラ購入です。

もともとは、野生動物の観察用の様ですが。

日本では、不法投棄や車のいたずらなど

電気のないところで使えるので、

そのような場合、これしか方法ありません。

でも、安くはないですね。

13127_4

そもそもの目的と、違うので、防犯(盗難)機能は

まことにお粗末。

木にベルトで固定するベルト位は付属ですが。

盗難対策には、本体を取られたり、壊されては

飛んでもない事です。壊されても、SDカードを取られなければ

被写体が写っていればOKですけど。

HCで、ワイヤやロック買ってきました。

会社で、工作して、マウント方法考えてみます。


 さてさて、昨日下ネタねぎを試しにとってきたので

夕飯はすき焼きにしました。

カミは寄せ鍋というのですが、

俺が作るから文句言うな。てなところです。

13127_5

とろけますね。甘いですね。やっぱ旨かったです。

2013年12月 7日 (土)

植えました

 2週振りに、一園の植え付けです。

と言っても、この春植えて枯れた所なんで、

それ程大変ではないですけどね。

まあよく枯れたこと(劇泣きcrying

今回は、自根サンプソンが4本。

こりゃなんか、樹形とかスターに似てて

頼りなさそうで、何気に育つ感じ。

13127

ぴんさんがリストラしたレベル。

13127_9

ハノーバー。等7本ばかり。

早速、剪定してきました。

13127_11
後、10本植える予定で、庭の大鉢は

全て畑行です。

今回は、油粕と小糠半々を、柄杓で二杯

混ぜ込みました。

枯れたスターなど、全く根が出てない。

接ぎ木は、根が出始めた所で枯れた。

大苗は、水の要求量が多いから危険だと思う。

過去、一年苗が意外と良かった。

その後は、今頃サツマイモ掘って、

三園のアーリー、オニール混成部隊の植穴

一列、一五個掘り、先々週植えたサミットなんかに

水遣りして、くたびれたのでお帰りです。



2013年12月 2日 (月)

進まぬ植え付け

 土曜日は、玉ねぎの植え付けでした。

苗は相変わらず細いですが、昨年も何とかなりました。

9月上旬蒔きだと、分球苔立ち彼岸だと細い。

以前、彼岸前じゃ早いと玉ねぎやが言ってたのを聞いたけど

品種にもよるのでしょうね。こちらにあるのは、

定番の泉州とか今井早生とか、各種苗会社の新品種とか

良く分りませんので、相変わらず定番品種で、無難に。

基本元肥と云う事で、始めて、鶏糞入れてみたのですが

勝手が分らない、平米1Kg、高度化成100gです。

心配なので、後でネットで調べたら、ガス抜きしてから

植えると云う事です。やってもうたがね(泣

でも寒いから、そうそう発酵もしないでしょう??

今年は、根切りして棒で押し込み、抑えて終わりです。

結果は不明。

昨年の半分白240本、赤80本、楽勝ジャンなんて思ってたら

昨日と今日は全身筋肉痛、特に太もも。

 昨日は庭の落ち葉を、穴掘って埋めて。

ブルの苗を整理して。

新小豆で餡子煮て、汁粉にしたけど

気力無くして、冷凍庫行。

そして、干し柿がいい塩梅なので取り込みました。

131202

白粉を吹くと、一層美味しそうになるんですけどね。

さっき一個頂きました。美味しくできました。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »