カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 施肥 | トップページ | 我が家の一番 »

2015年3月26日 (木)

農薬使用基準変更に関する講習会

 昨日は、タイトルの講習会に行ってきました。仕事半日で切り上げて????

ほんとは休む口実が出来てうれちい。

不良社員ですよ。俺は(爆)

否定はしない。

農薬=毒=悪。こういう極論もあるにはある。

医者の薬も危ないのがありますよ。

抗生剤で蕁麻疹。アナフィラキシーとか

シャンプーに発がん物質とか。

まあ、突っ込みはほどほどにして。

新たな評価

毎日、一生食べても健康に悪影響がない。「ADI]

さらに、

短時間に多量に食べても安全。「ARfD」

短時間つうのは、24時間以内ということだが。

なんだか矛盾を感じますけど。

食品衛生法も絡んで、さまざまな食品を一度に摂るので、それぞれの

残留農薬の総量ってことかなあ?

まあ、生産者としては、用量用法を守れば問題なし。って事で。

適応作物が削除されたり。

例として、有名なオルトラン。

ミニトマト。二十日大根削除。

トマト飢え付ける時、根切り虫や油虫よけに

パラパラ蒔いてたけど、ダメなのね~(だめです。過ぎたことは蒸し換えしません)

群馬県農薬情報システム

独立行政法人農林水産消費安全技術センター(FAMIC)

一般社団法人 日本植物防疫協会

公益財団法人 日本植物調節剤研究協会

農林水産省/農薬コーナー

公益財団法人 日本食品化学研究振興財団

資料より、参考サイトです。

では、健全なベリーライフを。

« 施肥 | トップページ | 我が家の一番 »

その他」カテゴリの記事

コメント

一応は思い出した時に農林省のHP観に行っています。
手持ちの農薬の使用の可or不可でですけど、そんなに細かく変更ってなるんですかねぇ。
効果が無いとか枯れさせる や 人体に大きく影響与えるなど等、趣味と言えどもキッチリ容量計測して使用したいもんです。

ぴんさん

物によっては、かなり変更あるようです。
食酢なんかも使用表示しないといけないようです。
一応、農地である以上、登録品を正しく使用しないと
違反になるので、某国のような、低モラルは通用しないのです(爆

sunやっぱり、私はオルトランはなんとなく嫌な感じで農作物には使わなかったのですが(^^
でも農薬は良く使います。
自分で嫌な感じがする(匂いなど)農薬は敬遠していますが。石灰硫黄合剤には慣れましたけど(^^
昔からすると農薬も随分改良されてきたような気がします。
次々に出てくる(それも高価になって)のは新薬と同じでゼネリックも有りだと思いますけどね。不思議と後戻りはないですね。

亜果樹さん

オルトランやエカチンは臭いはすごいですね。
HCの農薬コーナーとか、臭いで動悸がしそうです「苦笑」
毒や飲まない為に、わざとにおいが付けてあると聞きます。
石灰硫黄合剤は天然の鉱物ですから、あまり危険性は感じませんねぇ。

>昔からすると農薬も随分改良されてきたような気がします。

そうですね。子供の頃、稲の殺虫剤は、ほぼすべての虫が死んでしまうようなものらしかったですね。
イナゴなんか見かけなっかったけど、この頃はまた、見かけますよ。

ゼネリックだと、ラウンドアップのグリホサートが有名ですが、
もっと色々出て欲しいですよね。

ヤバイ、勉強しなきゃ(´д`|||)

基本的には、使わない方向なんですが、やはり何もしないわけにも行かないから、やはり勉強が必要ですね、、、頭痛い(笑)

一時、牛乳スプレーしてましたが、、、まぁ、効果がねー(涙)

みそのサン

私も、ブルには除草剤だけです。
むしろ、菜園の方がいろいろ(でもないけど)
使いますよ。牛乳は、アブラムシだっけ?

私も近年は農薬使わない方です。
石灰硫黄合剤は別ですが、後は希釈して撒くのが面倒で。
まあずぼらなんですが・・・
時々気が向いたら万田酵素のアミノアルファだったか?と
木酢とか。
これもある意味では農薬の一種かしらね。

はっぱ さん

以前は、豆に石灰硫黄合剤使ってましたが、ブルには
使ってません。イラガと蜂には使いたいけど、イラガにも馴れて
大して痛くなくなりました。
蜂って、やたらブルが好きみたいですけど、毎年、一個は巣がありますよ。

木酢とかも表示義務あるんですよね。

私も農薬管理指導士の講習会&テストを一昨年受けましたよ。3年なので来年辺りに更新じゃないかな。私の時はADI値だけでしたよ。ARfD急性容量はまだ条件にありませんでした。
ADIの考え方って疑問がありました。それに歯切れの悪さもあるな。とは思っています。NOAEL値の1/100がADIでADIx50何キロを掛けると、1日摂取許容量だと理解しています。NOAELの1/100が味噌でまぁ、100分の1ならOKだろう?って不確定要素係数掛けてるからいいだろ?的な。まぁ一日に食べられる量も限界あるから、ADIももちろんNOAELさえも超えられないだろう・・とは思っていますが。
今回ARfDも条件付加されてるので、農薬会社は再登録が大変でしょうね。その段階で再登録できずに使えない農薬(無登録農薬)が出てくる訳ですね。
特定農薬は基本3種で酢、重曹、天敵(地場の天敵)地場の天敵と言うのが味噌で、持ち込んだ天敵はNGと言うことになるところですね。
天然物だからいい。と言うのはマズイみたいです。

居残りさん

農薬管理指導士ですか。さすがです。私のは、単なる?生産者の心得的なものですが、1日摂取許容量これには大いに疑問でした。ただ、ただちに適応というわけではなくて、今あるものは、そのまま使ってもよい風なことでした、今年一杯猶予があるようでした。来年は在庫回収するといってました。
天敵については、難しいところですよね。ハウス内限定とかなら可能かもしれませんが。天敵に天敵がなければ、思わぬ弊害ということになりかねませんから。ブタクサのように天敵昆虫がいて、今や、ぶた草もあまり見かけないとかブラックバスのように餌を食べつくしたら、自分も繁殖できずに、今や、バランスが保たれている。そんな風なら、まだましですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086189/59416112

この記事へのトラックバック一覧です: 農薬使用基準変更に関する講習会:

« 施肥 | トップページ | 我が家の一番 »