カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ? | トップページ | 秋葉山・ゴシュウ(仏岩) »

2015年10月31日 (土)

秋葉・仏岩山

今日は、紅葉見に出かけました。

本当なら、もっと深い山の方が紅葉も進んでいるので

そちらを検討しましたが、シーズン初で、久々の山歩き。

慣れるために、時間的に短い山を選びましたが。

結果は散々でしたね。

昨年の、大上峠と言い、まったく取り付きが分かりません。

国道から、橋を渡り、馬居沢に入り、集落過ぎると、               林道は砂利道になり、落石や雨裂なんかで乗用では無理なので、バックして、沢沿いの広い所に駐車。

10分ほど、林道歩くと、やっと不動堂がありました。

そのやや手前に、5m位の滝があったのですが、これが、馬居沢不動の滝って感じですね。

5x310002_2
5x310003_2

ここから、対岸を登り始めるらしいですが、ほとんど、岩壁、目印も道型も見当たらず。林道沿いに上り口を探し30分ほど歩きましたが、上の方は、広く、きれいな道です(不釣り合いなほど)。

5x310004_3
道の脇に石祠があって、おかしな方向向いてるなと思ってましたが、

仏岩山(ゴシュウ山)の方を向いているようです。(ホントは何山か良く分かってませんけど。)

5x310017_4
この山域は、石仏が多くあり、登山道沿いにも、岩室が多く童子の石碑などが多くあるそうです。不動様に付き従う童子ですね。

結局、正規ルートは見つからず。取り付けそうなところから入りましたが。

5x310016_2
立派なコンクリ舗装。今日は正面の低い尾根に取り付いたようです。

やがて、林道は崩れ。

5x310008_2
沢に消える。仕方ないので、左の方の、尾根に上り詰めたが、胸突きの急登

まだ黒光りしている、シカの糞や、温泉まんじゅうのような糞が、顔の数十センチ前に。たまりませんあ。

数メートル上り、息を整える。そんな上りが延々。心臓が口から飛び出しそう。

5x310009_2やがて、こんな藪尾根になり、ピークを見ずに諦めた。頂上に出れば、昨年上った、物語山からの縦走路に出るだろうと目論んだが、ザマァ無い結果は避けたいので、大人しく戻る事にした。(十分ザマぁ無いが(´・ω・`)ショボーン)

誰もいない、獣の気配。これが、この山域、それなりに楽しく?もあるけれど

5x310012熊の砂浴びの跡かな?

帰りに取り付きを確認したが、不動さんの対岸にぽっかり岩窟と石碑が見えた。

行きには気付かなかった。

5x310020
次は、神仏へのお参りをしたいと思います。

これが秋葉山(メイドカフェはありません。あきやさんと読むようです)

5x310021
全く見当違いなコース取り。こういう山に入る人は、無闇に目印なんか付けていかないようだ。それが元で遭難でもされるのは困るつうか、そもそも自己責任、確信ルートでもない限り、好きに上れですね。

Photo




























« ? | トップページ | 秋葉山・ゴシュウ(仏岩) »

」カテゴリの記事

コメント

いやはや、到底真似できません!
山は、やはり慣れてる方と行かないと死にそうです(涙)
先日の、紅葉狩りでも、吐きそうになりましたし、こりゃ到底登れません。
たまに歩くと、自分の体力の無さを思い知ります!
鍛えて、少し低い山で勉強してみようかな♪

みそのさん
私は、せいぜい3~4時間で行って来られる山ばかりですよ。
山小屋泊まって、一日中歩くような山は性に合いません。
岩場あり、急登ありでバリエーションがあって、飽きません。
昨日も、900m位の低山。
「山高きが故に尊からず」と言います。
古い峠や、信仰が面白いのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086189/62304986

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉・仏岩山:

« ? | トップページ | 秋葉山・ゴシュウ(仏岩) »