カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ビロキシー | トップページ | 剪定終了 »

2016年2月14日 (日)

ラビット施肥・剪定

 昨日は、暖かく、作業しやすかったです。

やっと、二園の方へ取り掛かりました。

まずは施肥。

それから剪定ですが、木も大きくなったので20本で切り上げました。

手が痛い。

しかし、生育がバラバラ、ブライトウェルがややというか、あまり良くないので

昨年、硫黄100g追加したのだけれど、ph下がってません。

埴土なんで、下がりにくいようです。しかし、1本だけ良く育ってるのは何故?

この枝からクローン作りましたが、いずれ植えかえるかも?

160213メンデトーやガーデンブルーは関係なしに暴れまくってますけど、

品種の差異はしょうがないか。


« ビロキシー | トップページ | 剪定終了 »

第2園ラビット園」カテゴリの記事

コメント

私は畑でのPH計測した事無いです
10年間、毎年少量ずつピートモス漉き込んでいたのを理由にですが。
まぁクロロシスも出ない事から、自然界からの微量要素肥料分と、施肥の肥料分で何とかうまくいっているのかな?って。
同じ畝に植えてあるのに好調維持しているのと、絶不調丸出しのと・・・何でこんなに違うんだ?と思えるのが有りますよ、やっぱり。
根の張り様でしょうかね。

Ph計測してますよ、、、しかし、何も出来ないんですがね(笑)
マジでそろそろ時間が欲しいです(涙)

鉢は良いのですが、山の地植はやはりph下げの作業をやらなきゃな~(´д`|||)
やることだけは、山盛りです(涙)

ぴんさん

5年間は絶好調でしたね。マルチしていれば、肥料分やミネラルは
補われると思いますが、
本体は不調なのに、やたらサッカーが通路に出たりして、
そこは土壌改良してないのに、おかしなことですよ。

みそのさん

体重おへそ回りも計測・・・・したくねえよ
どうせ俺はヘビメタだって。

そうそう、鉢は水道水、ph7当然用土も中性化、
なのに、なのに、あなたは・・・
大きくなれるのよね。
てことは、通気性の問題。水やらないおじさんは
用土を軽くすると枯れるんです。今年は、水遣りが
の負担増えます。

山は、自然水なら酸性じゃないですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086189/63953131

この記事へのトラックバック一覧です: ラビット施肥・剪定:

« ビロキシー | トップページ | 剪定終了 »