カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鳴沢不動 | トップページ | 接ぎ木しました »

2016年2月25日 (木)

自害久保

 地元では、じげえくぼというそうです。

伝説では、四朗金乗が隣村の高田なにがしに夜襲をかけられ

もはや逃げ切れぬと、

この地で郎党差し違え自害した。

と言う事です。

後に村人が死を悼み石碑を立てて供養した。亡骸を葬ったのが

金乗塚ではないかと思います。これは温故館の前辺りにあるようですが

その近くに、塚越という地名があり、金乗塚を超えた所。

という意味でしょうか?

しかし、なぜ菩提寺に墓所が無いのか不思議でしたが、この頃は

寺は、創建されたばかりで、和田山にあったようです。

今、その所在地は不明ですが。何となくこれかも?という所を

先日発見しました。それは別項で詳しく。

 前にも書きましたが、この四朗金乗という領主、短い施政でしたが

余程良い領主だったようです。後の新田氏の領有期間の方が300年位?

なのに地元では、新田氏の領地であったことはほぼ知られていません。

時には、新田=金乗的に扱われたりします。

その場所は、例の案内板によると、高速の左。

それと思しき杉山の谷を歩いてみたが、見当たらず。

獣道とも、かつての山道とも思える所をうろついて見たがこれも×

何もないのかもと諦めかけて、高速の脇から、川の崖へ超えてみると

あった。丸い石塔。明らかに身分の高い人の物だ。偶然の発見ですが、

何か匂いに引き寄せられた様な。

62060114

高速で、移動したのか、台座はコンクリート。

文字はあるようだが800年前の物だし読めず。

何故か、台座から外れている気がしますけど。

小さい方が、従者のものか?台座には蓮の花文が刻まれています。

見学終えて、道路に出ると、地元の人が犬の散歩してたので、尋ねてみると

「何かあるかい?」と、もはや記憶から薄れているようだ。

これこれこういうものがあると説明したが。

金乗塚の存在も知らないようだ。

塚越地名は分かってあそこだと説明してくれたが。

この人は、源平合戦で、平氏に敗れ、大和よりこの地に逃れてきたという。

ならば、夜襲をかけたのは平氏による残党狩りではと思ったが、

ここまで逃げおおせて、隣村に攻められてまた逃げれば良いではないか

隣村にしてみれば、勝手に領地に入り込まれたという事なのか。

しかし、平家物語の弓流しに出ているところから、残党狩りで死んだのでは

無い様だ。

62060115
ここです。そういえば、この辺り、竹洞(たかっぽら)の水浴び場で

子供の頃、友達と遊んだな。鳴沢のすぐ近くで、自分らの水浴び場より

水はきれいだった。

« 鳴沢不動 | トップページ | 接ぎ木しました »

郷土史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086189/64141425

この記事へのトラックバック一覧です: 自害久保:

« 鳴沢不動 | トップページ | 接ぎ木しました »