カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大関苗来ました | トップページ | 接ぎ木 »

2016年3月 4日 (金)

さすがのアメリカ

アメリカでも接ぎ木の利点に着目されているようですね。

さすが原産地。日本のように改良ラビットに接ぐのではなくて

原種つうか野生種が一杯。今後が気になる。

https://blueberrygrafting.wordpress.com/about/

フロリダ ブルーベリー産業が直面している 2 つの問題は、高コストと手-収穫果実と松樹皮マルチの高コスト/低持続性生産システムで別の労働力の可用性です。両方のこれらの問題は生産者の利益を減らします。これらの問題に対処する 1 つのアプローチは、接木ブルーベリーの植物使用です。Sparkleberry、スノキ arboreum 栽培ブルーベリーの野生の親類は、低有機物と土壌に適応と栽培ブルーベリーよりもより高い pH が耐えることができます。さらに、sparkleberry は典型的なブルーベリーのマルチ caned の構造ない単一トランクの木として育ちます。南部ハイブッシュの台木として sparkleberry を使用してブルーベリーは松樹皮マルチ アプリケーションの要件を緩和し、多杖周りによりも、単一のトランクの周りよりぴったりと収穫のキャッチ プレートが合うことができるので、機械収穫の効率を上げることがあります。 私たちの目標は、収穫効率を高める、松樹皮マルチの使用を減らす接木ブルーベリー植物を使用しての可能性を決定することです。私たちのチームは、博士ジェフ ・ ウィリアムソン、ブルーベリー専門家; で構成されています博士ジム オルムステッドは、ブルーベリーの育成。博士レベッカ ・ ダーネル、ブルーベリーの生理学者。

« 大関苗来ました | トップページ | 接ぎ木 »

接木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086189/64278859

この記事へのトラックバック一覧です: さすがのアメリカ:

« 大関苗来ました | トップページ | 接ぎ木 »