カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 丹生乃民話と史話 2 | トップページ | すっかりご無沙汰です »

2017年1月19日 (木)

丹生乃民話と史話 1

 昭和四九年。臼田八十八翁が古希を記念して自費で出版

地域に配布した、30ページほどの本がある。

現在、保存されている物は少ないのではないか?

また、地域の遺産として、学校の郷土史の勉強などに

役立てばと思い、データ化して置こうと思います。

(図書室にはあるのかな?)

なお、不許複製とはありませんが、著作権の問題も

あると思いますので、一応、臼田先生の著作物であることを

明記しておきます。

因みに、先生は、校長先生を退職後、公民館館長などを

しておられました。

 また、資料の、調査元は、岡部家の文書によるものだと思われます。

祖母に聞いた話が、最近になって、記録に残っていたことだと

判明したりという事がありました。

岡部家というのは、江戸期から、南牧村砥沢の砥石を一手に

商った豪商で、地域の発展には大きな貢献をされた家柄です。

1

2_3



3_3


Photo_6


Photo_7


4_2


5_2


6_2


7_2


8_2


9_2


10_2


11_3


12_3




























































« 丹生乃民話と史話 2 | トップページ | すっかりご無沙汰です »

郷土史」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりで御座います

お変わりありませんか?

なかなか、落ち着かないのです、、、
寂しい、、、

なんか、寂しい(涙)


みんなー、ライターさーん
置いてかないで(涙)
とか、申しておりますが(笑)

落ち着きましたら、またノンビリ来させて下さいね!

みそのさん

元気で居たんね。よかったよ~。
私、ある事でバタバタしてます。
畑も、思い通りにいかなくて、
困惑。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1086189/69294373

この記事へのトラックバック一覧です: 丹生乃民話と史話 1:

« 丹生乃民話と史話 2 | トップページ | すっかりご無沙汰です »