カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019年11月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月20日 (月)

二園

 長男が4日に高尾山行って、インフルもらって来た。

それが移って飛んだヒコーキ。

2週間ぶりにようやく畑に出た。

3園の一作に施肥を終え。

枯れそうなオンズローを植え替え。

粘土畑はダメだね。昨年、硫黄ともみ殻漉き込んだけど、今一。

5~6年で掘りあげて土壌改良しないと

無理そうだ。改植したものは良く育っている。

今回は古い荒れた枝をノコで切、強剪定。

多分弱い枝が箒のように出るんだろうな。

15本ばかり仕上げ剪定した。

イラガの繭が結構あった。

沢山手でトールしたが、9月以降孵化したか?

それで、ミノムシが少ない?

カマキリの卵は、地際。今年大雪は降らなさそう。

今年は、イラガ対策にBT剤使わないと間に合わない。

カマキリにはどうだろう?足長蜂類にも効くのか?

何故か、蜂が1~2個巣を作る。巣に触らなければ

刺すことは無いのだが、数年に一度、知らずに刺される。

結構腫れる、1週間くらいひどい目に合う。

2020年1月 8日 (水)

野良初め

1/7日。気温7度。寒いが風はない。

こんな日は、作業はしやすい。汗ばむほど。

30本程、施肥。昨年から、コメリのダイナミックスという肥料を使っているが

割といいと思う。ネギや玉ねぎなんかに使うと、効果が良く分かる。

というのは、作付け面積が限定的なんで、わかりやすい。

ブルは広範囲で、畑の端~端でも条件が違うので、比較しにくい。

良い木は良い。悪い木もある。どうも土手際が悪い。水はけのせいかなぁ。

 

良く見ると、家禽堆肥メイン?鶏糞肥料か?ちと不安になって来たなあ。

カインズにも有機ペレットの安価な肥料があって、良さそうなので

良く見たら、鶏糞ベース、フェザーミール、とか色々配合している。

試しに野菜と数本だけに使ってみようか?

ちょっと怖いけど、既にコメリのを使ってるし。

 

施肥の後はマルチの追加。今回はおが粉がメインで、持ちと通気性が

これまた不安だけど。分解は早くて堆肥化しやすいかなあ。

200107_20200108183401

昨年植えた接ぎ木。同じ根(台木がホームベル)を持つが

生育が違うのは。品種か個体差か?概して樹勢の良い品種は

生育が良い。台木にも負担かかる分、台負けしないような品種を

って事かねえ

200107

エチョータ、若木の内は線が細い。

200107_20200108183402

ブルーチップ、スパ同様直立性で樹勢が良い。良い成長にみえますねえ。

200107_20200108183403

ハノーバー、低いけど良く伸びてる。

 

2020年1月 2日 (木)

ブルークリスプ

30日に3園の剪定は終了した。

施肥はまだ終了していない。

秋果をならせたクリスプ

小枝が多いと感じた。

191230

一方では自際からの良いシュートも

1912302

途中からも良いのが出ている。

1912301

みんなこうだといいのにね(笑

« 2019年11月 | トップページ | 2020年2月 »